お肌に悩む女性必見!年代別のスキンケア法を一挙公開!

 

お肌の悩みは何歳になってもつきません。むしろ年をとればとるほど悩みは増える一方ですよね。

 

そんなため息をついている年上の女性の様子を他人事だと思っている20代女子の諸君!

 

今スキンケアをさぼると20年後に痛い目を見ますよ。

 

ここでは年齢別のスキンケア法をご紹介しますので、チェックしてみてください。

 

 

@ 20代
この世代のスキンケアで一番重要なのはクレンジングです。

 

メイクを落とさずに寝てしまったり、ごしごしと強くこすって落としたりしていませんか?

 

いくらお高い化粧品を使っていても、クレンジングができていなければ意味がありません。

 

メイク落としと洗顔クリームは別のものを使い、その日の汚れはその日のうちに落とし切りましょう。

 

20代で正しいクレンジング、洗顔を行わないと30代、40代になったとき、眼のまわりや口の周りの色素沈着として、自分の身に降りかかります。

 

そうなったらスッピンなんて見せられたものじゃありませんよ。

 

もちろん、クレンジングをしたら化粧水や乳液を使ってお肌を整えましょう。

 

 

A 30代
多くの女性がお肌の曲がり角を実感するころです。

 

この世代に重要なのは保湿です。

 

もちろん20代で重要だったクレンジングや洗顔は大切です。

 

それにプラスして保湿力を重視した化粧品を使いましょう。その時に大切なのは化粧水と乳液や美容液をセットで使うことです。

 

化粧水だけでは、一時的にお肌は潤いますがすぐに水分が蒸発してしまい、むしろ乾燥してしまいます。

 

きちんと化粧水をした後に、蓋となる乳液や美容液を使いましょう。

 

そして、それらの化粧品にはセラミドのように、保湿力の高い成分が含まれていることが理想的です。

 

 

B 40代以降
40代以降は、長い長い乾燥との戦いになります。

 

お肌の乾燥が進めば進むほど老化も早くなります。

 

1歳でも1日でも若く見られるためには、全力で保湿を行う必要があります。

 

 

 

メイク落としと洗顔は分けて使い、なおかつ洗顔も潤い成分が含まれているものを選択しましょう。

 

もし、そのような洗顔料が見つからなければ、手持ちの美容液を洗顔料に2,3滴混ぜるだけでも効果的です。

 

そして、正しく洗顔を行ったら、化粧水、乳液、美容液の3点セットは必ず使ってください。

 

そして週に1度はパックを行いましょう。

 

パックが面倒ならば化粧水をコットンにしみこませて気になる部分に貼るだけでもオッケーです。

 

これらのスキンケアを行う際の化粧品は30代と同じくセラミドが含まれているものを選びましょう。