知っていますか?乾燥はシワだけではなく、シミも増加させる

乾燥によって起こる肌トラブルの筆頭がシワです。

 

深いシワのない場合でも肌が乾燥すると、目の周りや口の周りなどにちりめんジワができる…という人もいるのではないでしょうか。

 

そしてシワと同様、代表的な肌の老化サインのひとつであるシミも乾燥によって起こることがあるのです。

 

ここで、乾燥によってシワやシミができる原理について詳しく説明しましょう。

 

 

 

【乾燥によってシワができる理由】

 

肌の水分量や皮脂が減ると、肌の表面にちりめんジワができます。

 

この段階なら保湿することで、シワをなくすことができます。

 

お風呂上がりに鏡を見るとシワがなくなっている…という人は乾燥によってシワができつつあるということを、まず認識しましょう。

 

放っておくとシワ同士が連結して大きく深いシワになってしまいます。

 

乾燥によるシワを予防するには、肌をしっかりと保湿してあげる必要があります。

 

洗顔は皮脂を奪いすぎないタイプのものを選び、肌が乾燥しないように泡立てネットなどで十分に泡立てから顔にのせます。

 

顔を洗うときも、タオルで拭くときもゴシゴシこすったりしないこと。

 

シワが悪化してしまう恐れがあるからです。

 

洗顔後は肌に水分が残っているうちに、保湿しましょう。

 

化粧水だけではなく、セラミドやスクワランなどが配合されたクリームを塗ればしわ対策は完璧です。

 

目や口の周りは皮脂腺が少なく、乾燥しやすいので丁寧に重ね塗りするのがポイントです。

 

目の周りは力を入れすぎないようにしてくださいね。

 

 

 

【乾燥でシミができる理由】

 

肌が乾燥していると肌が持つバリア機能が低下してしまいます。

 

本来、バリア機能がしっかりとはたらいていれば、ちょっと紫外線にあたったくらいではシミはできないのです。

 

シミの原因であるメラニンが作られるのは、体が肌を守ろうとしているため。

 

しかし、バリア機能が低下した肌は紫外線の刺激がダイレクトに肌の真皮層まで到達し、肌が炎症を起こしたり、メラニンが過剰に作られるようになってしまうのです。

 

バリア機能が低下していると、新陳代謝機能も低下します。

 

すると、メラニンを含む古い角質が肌からなかなか剥がれ落ちなくなり、シミとなって肌に留まり続けてしまうのです。

 

新陳代謝の低下はこのような目立つシミだけではなく、全体的なくすみも引き起こします。

 

乾燥した肌がくすんで、ゴワついた感じになるのは、古い角質のせいかもしれません。

 

シミがなかなか消えない、美白美容液の効果が実感できないという人はまず、肌の乾燥を改善するようにしましょう。