年齢を感じさせない40代潤い美肌になる方法とは?

昔は30歳を過ぎたら、肌ががくんと衰える…と言われていましたが、最近はスキンケアや紫外線防止への意識が高まっていることもあり、30代、40代でも若々しい肌をキープしている人がたくさんいますよね。

 

美魔女と呼ばれる30代後半以降の女性も増えてきていることからも分かるように、適切なスキンケアを続けていれば、40代でもうるおいのある美肌を維持することは充分可能なのです。

 

ここで年齢を感じさせない美肌をキープさせるための方法について考えてみましょう。

 

 

 

【年齢不詳肌を目指すなら、まずは紫外線防止】

 

加齢によって徐々に衰えを見せていく肌。

 

年だからしかたない…と思っていませんか?

 

しかし、肌の老化は加齢よりも光老化が与える影響によって老化していくと言われています。

 

光老化とは紫外線による影響で起こる老化のこと。

 

紫外線にあたるとシミやそばかすだけができるだけではなく、ダメージが真皮層まで到達することによってさまざまな肌トラブルを起こしてしまいます。

 

乾燥、炎症、かぶれ、ターンオーバー機能の低下によるたるみやくすみ…。

 

こうした老化サインはほとんどが紫外線の影響で起こると言われています。

 

紫外線にあたると、肌は乾燥してバリア機能が低下します。

 

若い頃から真っ黒に日焼けする習慣があったという人の肌は明らかに実年齢よりも老けて見えるもの。

 

それだけ紫外線が肌に与える影響は大きいのです。

 

40代でも潤いのある肌を保ちたいなら、まずは紫外線を避けることが大切。

 

年齢肌向けや乾燥肌向けのコスメラインには肌に悪影響を与える紫外線吸収剤ではなく、紫外線散乱剤を使用したUVカット下地などを用意しているものもあります。

 

こうしたUVカットを使用すれば、10年後の肌に大きな差が出るはずです。

 

 

 

【保湿ケアだけが美肌をつくる?】

 

紫外線防止ケアを徹底した後に考えたいのが保湿ケアです。

 

アンチエイジング成分としてコラーゲンやQ10などさまざまな成分が化粧品に配合されていますが、本当に肌の真皮層まで到達できるかどうかは疑問が残るものも多いのです。

 

しかしコラーゲンやセラミドといった保湿成分が肌の表面にある角層に留まることで保湿してくれることは実証済。

 

肌にスッと浸透していく、皮脂に近い形の成分で肌を潤してバリア機能を高めれば、外部からの刺激に強い丈夫な肌になることができるのです。

 

高価な美容成分がもたらしてくれる効果も、自らが持つバリア機能が肌を健康で美しい状態にキープしてくれる力にはかないません。

 

そして、このバリア機能維持のために唯一効果のあるスキンケアと言われているのが保湿なのです。

 

肌が乾燥しているかも?と感じたら、日中でもこまめに保湿するようにしましょう。

 

正しい保湿ケアをすることで、いつまでも若々しい美肌をキープできるはずです。