肌をしっかりと潤してくれるアトピー、敏感肌でも使える保湿化粧品

肌の乾燥が気になるのは年齢肌だけではありません。

 

アトピーや敏感肌に長年悩まされているという方も肌の乾燥には手を焼いているのではないでしょうか。

 

またストレスやその他の影響で肌が突然アトピーっぽくなってしまったり、敏感肌に傾いたりすることもあります。

 

ここで、アトピーや敏感肌の方のためのお手入れについて考えてみましょう。

 

 

 

【まずは皮膚科で診察を受けよう】

 

肌が赤く炎症を起こしていたり、カサカサに粉をふいた状態でかゆみがとまらない…といった状態であれば、まずは皮膚科の診察を受けるようにしましょう。

 

本格的にアトピーの症状が進めば、化粧品だけで治すのは不可能です。

 

アトピーやアレルギー、極端な敏感肌になっていると感じたら、皮膚科の診察を受けて原因を取り除く工夫もしていきましょう。

 

ストレスや肌と接触している化学物質、金属、食べ物などがある場合はこれらの原因を取り除かずに症状を改善させることはできません。

 

いろいろな化粧品を試すと悪化する恐れがあるため、まずは根本的な治療をするようにしましょう。

 

 

 

【アトピーや敏感肌の方に必要な成分セラミド】

 

アトピーや敏感肌の方でも安心して使える保湿成分といえば、セラミドです。

 

セラミドは肌表面にある角層の細胞の間をつないでいる成分。

 

このセラミドが不足することよって、肌は乾燥しバリア機能が失われていくと考えられています。

 

セラミドが充分な肌は細胞の間がつまっていて、キメの細かい肌に見えるだけではなく、外部からの刺激物質がしっかりブロックされるので、肌が丈夫になります。

 

紫外線によるダメージも受けにくくなるので、炎症やシミなども起こりにくくなります。

 

また、セラミドはもともと私たちの体にある成分なので、肌になじみやすく刺激を感じることがほとんどありません。

 

敏感肌やアトピーの方でも安心して使える成分と言っていいでしょう。

 

化粧品に含まれている成分は真皮層までは到達しないと言われていますが、セラミドが必要なのは肌表面の角層。

 

角層であれば、化粧品でもしっかり潤すことができるので、セラミドを配合した化粧品は比較的効果を実感しやすいのも特徴です。

 

また、デリケートな肌はまずセラミドを洗い流さないように、優しく肌の汚れやメイクを落とし、その後でしっかりと保湿することも大切です。

 

化粧水や乳液といったアイテムに気を使っていても、洗顔料やクレンジングはドラッグストアで売っている安価なもので済ませているという方も多いのではないでしょうか。

 

洗顔とクレンジングを見直すことで、肌のしっとり具合は大きく変化します。

 

初めのうちは「これで本当に汚れが落ちているの?」「洗った気がしない…」と思うかもしれませんが、次第に肌が落ち着いて丈夫になっていくのを実感できるはずです。