1年中気をつけたい、エアコンによる乾燥を防ぐためのスキンケア

空気が乾燥している冬。

 

肌が切れるような冷たい風が吹いている外から帰ったと思ったら、室内は暑いくらいに暖房がきいていて、空気がカラカラ…。

 

そんなときもありますよね。また気がつきにくいものの、夏場の冷房も肌を乾燥させてしまいます。

 

ではエアコンの乾燥から肌を守るにはどうすればいいのでしょうか。

 

 

 

【暖房の影響で起こる肌の乾燥】

 

エアコンが効いた室内は空気が乾燥しています。

 

冬、エアコンの送風口から送らてくる風に直接あたるようなことがあれば、肌はパリパリに乾燥してしまいます。

 

送風口の近くに座っている人は特に注意するようにしましょう。

 

空気が乾燥していると、肌の水分だけではなく皮脂も奪われていきます。

 

皮脂が少なくなると、肌から水分が上質して肌がしぼんだような状態になってしまうのです。

 

そのため、乾燥しているからといってスプレータイプの化粧水などを使用するのはNG。

 

化粧水の水分が蒸発するときに、一緒に皮脂や肌の水分まで蒸発させてしまうからです。

 

暖房によって肌が乾燥しているな…と感じたら、化粧水ではなく、乳液やオイルで保湿するようにします。

 

乳液は肌の乾燥を防ぐだけではなく、よれたファンデーションやにじんだマスカラを落とすのにも最適。

 

細かいパーツには綿棒を使用するとよいでしょう。

 

乾燥を感じたら、化粧直しをするときも皮脂を奪いすぎる脂取り紙は使用しないようにしてください。

 

またオイルも便利なアイテムです。

 

オイルは肌に直接伸ばすのではなく、手のひらに取って両手を擦りあわせてオイルを温めてから、手のひらで顔を覆うようにしてプッシュしてなじませます。

 

この方法ならメイクの上からでもOK。

 

念のため、保湿のためのオイルは「メイクの上から使ってOK」というアイテムを選ぶようにしてください。

 

暖房が入っている時期は体の中から水分を補給することも大切です。

 

常温の水をこまめに飲んだり、コラーゲンやヒアルロン酸のサプリメントを飲むなどして体の中から肌を潤す工夫も続けましょう。

 

 

 

【夏も意外に乾いている?】

 

肌の乾燥というと暖房対策ばかり考えがちですが、実は夏の冷房も確実に肌を乾燥させています。

 

汗をかいて拭いたあと冷房に当たると皮脂も奪われて、さらに肌の水分が奪われていくことになるので、注意したいもの。

 

冷房で肌がしわっぽくなったときも、乳液やオイルをプラスしてみましょう。

 

夏場はベタつきを恐れてこうした保湿アイテムを省略してしまう方もいますが、肌が乾燥すると、水分量は少ないのに皮脂が過剰に分泌されるといったアンバランスな状態になってしまいます。

 

さらっとした化粧水で保湿をしたら、必ず乳液やクリームでフタをすることが大切です。

 

また、冷房の風に直接当たらないようにする努力も必要でしょう。