こんな意外な肌トラブルも乾燥が原因で起きている

若い頃は丈夫な肌だったのに、年齢を重ねるにしたがって肌トラブルが増えてきた…。

 

そんな風に感じることはありませんか?

 

ぽつんとできるニキビや肌荒れがいくらお手入れしても改善しない場合、もしかしたら肌の乾燥が原因になっているのかもしれません。

 

ここで乾燥が引き起こすさまざまな肌トラブルについて詳しく説明します。

 

 

【乾燥はあらゆる肌トラブルを引き起こす原因】

 

肌の乾燥というと、かさかさしたり肌がしわっぽくなるということは誰でも思い浮かべますよね。

 

実際には「これも乾燥が原因なの?」と思うような肌トラブルも乾燥によって起こっていることが多いのです。

 

そのひとつが赤みやシミなどのトラブルです。

 

肌が乾燥して表面の角層にあるセラミドが不足すると、細胞同士の間にすきまができてしまいます。

 

この隙間から紫外線や細菌、刺激物質などがダイレクトに肌に浸透し、赤く炎症を起こしたり、シミができたりするのです。

 

セラミドがたっぷりある肌は細胞間が詰まっていて、刺激物質や紫外線を寄せ付けません。

 

これが肌の持つバリア機能なのです。

 

皆さんは美白化粧品を使用する前にしっかりと保湿していますか?乾燥した肌に美白成分は浸透しません。

 

それどころか余計に肌を乾燥させて悪循環を起こすこともあります。

 

シミやそばかすが気になるという方も美白美容液を使う前にまずはしっかりと肌を保湿するようにしましょう。

 

 

【たるみやくすみも乾燥が原因?】

 

乾燥によってバリア機能が低下すると、真皮層まで刺激物質や紫外線のダメージが浸透しやすくなります。

 

すると、肌のターンオーバー機能も低下し、新しく健康な肌が作られにくくなってしまうのです。

 

またターンオーバーが低下すると、コラーゲンやエラスチンといった肌のハリを保つ成分も作られにくくなり、肌の弾力が失われ、たるみが起こりやすくなります。

 

肌がたるむと毛穴も目立ちやすくなるのは皆さんもご存知ですよね。

 

さらに古い角質が肌に留まることによって黄ぐすみや茶色っぽいくすみも招いてしまいます。

 

スクラブなどを使用すると確かに角質を落とすことはできますが、無理やり角質をはがすと、未発達の弱い細胞が表皮に押し上げられてしまいます。

 

その結果、肌が薄くなったように感じてさらに肌トラブルを起こしてしまうのです。

 

自然なターンオーバーのサイクルによって表皮に押し上げられた細胞はしっかりと成長しているため、肌も守ってくれます。

 

肌のターンオーバー機能を正常に保つことができれば、いつまでも若々しい美肌を保つことができるはず。

 

美白やアンチエイジング成分も大切ですが、こうした成分もきちんと保湿されていてこそ効果が出るのです。

 

すべての肌トラブルを克服するには、まずは肌を保湿して、乾燥肌を改善させるようにしましょう。