20代から40代、年齢別のおススメ保湿アイテム

若い頃と違って、寝起きで顔に枕のあとがついてしまうとなかなか元に戻らない…という経験、ありませんか?

 

これは、肌の弾力が失われているから。

 

肌の弾力を支えているのはコラーゲンの繊維で、まさにコラーゲンは縁の下の力持ちといったところでしょうか。

 

このコラーゲンの力はもちろんですが、加齢とともに肌の中の水分というのはどんどん失われてしまい、さらにハリを失わせる原因となってしまいます。

 

また、肌の水分が減ってしまうというのはハリを失わせるだけでなく、小じわができやすくなったり、カサカサと乾燥してしまって肌のくすみを生んでしまいます。

 

このように肌が乾燥してしまうとさまざまな肌トラブルが発生してしまうのですが、これを防ぐためにもやはり保湿ケアは毎日きちんと行っておきたいもの。

 

特に、年齢を重ねると肌の水分量も油分量もどんどん減っていってしまいますので、年齢に合わせた適切な保湿ケアを行っていきましょう。

 

 

■20代の保湿ケア

 

20代でも前半の方というのは、10代の頃とあまり変わらない肌質であることが多いようです。

 

が、着実に肌は老化を進めていて、たとえ表面上で見えなくても肌の奥ではターンオーバーの周期が乱れてきたり、乾燥しやすい肌になってきていることも。

 

このころからしっかりとケアをしていくことをおススメします。

 

20代はとにかく保湿をすることは当たり前なのですが、それに加えて美白ケアを合わせるとより効果的。

 

肌の水分を補って、さらに美白ケアでシミのない美しい肌を作っていきましょう。

 

 

 

■30代の保湿ケア

 

30代はお肌の老化が一気に進みだしてしまいます。

 

20代のころにしっかりと美白ケア・UVケアを行っていないと、ここでどんどんシミやそばかすとなって肌表面に現れてきますので注意。

 

また、しっかり保湿を行うことでハリもキープされますし、20代同様に保湿に手を抜かないようスキンケアをするよう心掛けてくださいね。

 

30代の保湿ケアは、保湿化粧品を使う際に「たるみ防止」のケアも併せて行うようにしましょう。

 

毎日の保湿ケア時に皮膚を持ち上げるように優しくマッサージを兼ねてケアをすると、たるみ防止につながります。

 

 

 

■40代の保湿ケア

 

40代の方の場合は、20代のころと同じ化粧水をただパシャパシャと使っていても、その水分や保湿成分がなかなか肌の中に浸透しなくなってきています。

 

ですから、水分を補給してあげるという保湿はもちろんですが、少量でもしっかりと美しい肌を保つことができるよう保湿成分・美容成分がたっぷり入っているアイテムを使いましょう。
30代〜40代ではやはりアンチエイジングを意識した保湿アイテムを使っていくことをおススメしますが、どの年代でも言えるのが「自分に合ったものを使う」ということにあります。

 

高価でも口コミで評判でも、自分の肌に合っていなければ意味がありません。
肌荒れせず、使い心地に満足いくという保湿アイテムを使って、毎日の保湿ケアを行っていきましょう。