あなたの乾燥レベルはどれくらい?それぞれに合わせた保湿ケア

みなさんは、毎日のスキンケアをきちんとしているでしょうか?

 

特に寒くなってくる季節だと、どんどん肌がカサカサと乾燥していくのがわかるのではないでしょうか?

 

乾燥がひどいという方、まったく乾燥を感じないという方、ひとりひとりによって個人差はあると思いますが、それぞれの乾燥レベルに適した保湿ケアを行っていくことが大切なのです。

 

 

乾燥を感じない…という方でも関係なく、スキンケアの基本はやはり「保湿」にあります。

 

これは、私たちの体の約6割が水分でできているということにも関係します。

 

夏場はたくさん汗をかいたりしますが、秋冬にはあまり汗をかかないから乾燥とは無縁!と思っていませんか?

 

そうではなく、たとえ寝ていたとしても私たちは毎日、季節関係なく常に汗をかき続けています。

 

それに加え、夏場とは比べ物にならないほどの空気の乾燥。

 

冷たい風が肌に吹き付けて、自分が思った以上に肌はダメージを受けているんです。

 

ですから、まずは乾燥を感じる・感じないに関係なく、とにかく保湿ケアをすることがもっとも大切だということなんです。

 

その上で、通常の保湿ケアでは追いつかないほど乾燥している…という方は、さらに深くケアをしてあげましょう。

 

 

保湿ケアというと、ただ単に化粧水などを使って肌の水分補給をしてあげる…というイメージでしょうか?

 

しかし、それでは不十分だということはすでに多くの方が知っていることですよね。

 

コップに水を入れておくと、時間がたてば水分は蒸発してなくなってしまう…ここで、フタをしておけば水分はなくなりませんよね。

 

肌も同じことで、フタの役割が必要になってきます。

 

私たちの体は水分の蒸発を防いだり、バリア機能として「皮脂」を分泌していますが、この皮脂は加齢とともにだんだん少なくなっていってしまいます。

 

ですから、水分と同じようにフタの役割である皮脂・つまり油分もしっかりと与えてあげなくてはなりません。

 

また、何度も同じ場所がカサカサと乾燥して粉をふく…というひどい乾燥の方は、水分・油分だけでなく「美容成分」を与えてあげましょう。

 

たとえば、肌の中でしっかりと水分を抱え込んでくれる働きのあるヒアルロン酸や、肌の細胞同士をくっつけてくれる働きのあるセラミドなどが効果的。

 

最近ではこういった美容成分が入っている保湿化粧品も、割とリーズナブルな価格で販売されているので手に入りやすいですね。

 

こういった成分が含まれている保湿化粧品をうまく利用して、乾燥する季節を乗り切っていきましょう。