セラミドにも種類がある!天然のセラミドでぷるぷる肌を作る!

肌に良い成分、と聞いてみなさんはどんな成分を思い浮かべるでしょうか?

 

ビタミンC、ヒアルロン酸、コラーゲン…たくさんありますよね。

 

これらの成分は多くの保湿化粧品などに含まれている成分ではありますが、実際に肌につける際に効果抜群…というわけではないようです。

 

どういうことかと言うと、確かにヒアルロン酸やコラーゲンというのは美しい肌を作るのに欠かせない成分です。

 

ですが、コラーゲンはもともと肌の中にある繊維状のもので、肌の弾力を保ってくれる働きをもっています。

 

つまり保湿というよりも、ハリや弾力のキープのために使うのが効果的と言うこと。

 

「保湿」はスキンケアの基本ですが、保湿を重視したスキンケアを…と考えたときに有効な成分が「セラミド」です。

 

セラミドというのは、細胞と細胞との間に存在するいわば接着剤のような役目を果たしているものです。

 

体の中でセラミドがうまくつくられないと、アトピー性皮膚炎などにかかりやすくなると言われています。

 

成分としては脂質の種類にあたりますので、セラミドは化粧水ではなくクリームや乳液といったアイテムに含まれていることが多いようです。

 

よくセラミド配合の保湿アイテムがありますが、セラミドにも実は種類があるんです。
・天然セラミド
・合成セラミド
・植物性セラミド
・ヒト型セラミド

 

に大きく分けられ、さらに細かな種類に分けられます。

 

もっとも保湿成分が高いのは天然セラミドで、これは馬などの動物のセラミドを抽出したものになっています。

 

植物性セラミドの場合は、こんにゃくや米ぬかなどから作られた天然のセラミド。

 

合成セラミドは石油の原料などから作られたものなのですが、安価に大量生産できるぶん効果も微妙なところ。

 

そして、ヒト型セラミドは酵母から作られるセラミドで、私たちの体にあるセラミドと同じような構造をしているため保湿力も高いと言われています。

 

ですから、ぷるぷる肌を保つためにセラミドを使うのであれば、やはりおススメは「天然セラミド」です。

 

天然セラミドは副作用などの心配もほとんどなく、効果も抜群。

 

細胞と細胞との間、つまり細胞膜をしっかりと補強してくれるのですべすべ肌になりますし、脂質の一種なのでうるおいを閉じ込めてくれる効果もあります。

 

ただ、それだけ高品質な天然セラミドは、効果のあるものだと若干効果になってしまいます。

 

ですが、やはり天然セラミドに勝る保湿成分はなし。副作用などもありませんので、体にとって嬉しい成分になっていると言えます。