乾燥に効果バツグンな保湿化粧品ってどんなもの?

秋冬、寒い季節になるとどうしても空気が乾燥してしまい、顔をはじめ手や体などあちこちがカサカサと乾燥してしまいますよね。

 

この乾燥、空気が乾いていることで起きますから何らかの対策をしなければどうしようもありません。

 

肌が乾燥してしまうとどういったことが起こるのでしょうか?

 

まず、私たちの体の約60%は「水分」でできています。

 

汗をたくさんかいたりすると水分はどんどん失われていきますが、もちろん秋や冬の寒い季節でも水分はどんどん失われていきます。

 

私たちは年を重ねていくと、肌表面の油分、つまり皮脂の分泌量が少なくなっていきます。

 

水分というのはフタがないとどんどん蒸発していってしまいますが、このフタの役割をしてくれているのが皮脂なのです。

 

つまり、皮脂が少なくなっていくということはフタがなくなってしまうということですから、水分が蒸発しやすい状態になってしまうということなんです。

 

 

また、加齢とともに減っていくのは皮脂の分泌量だけでなく、体の水分量も。

 

肌表面の水分がなくなってしまうと、肌のハリが失われてしまうことになります。

 

水をたっぷりと含んだスポンジはハリがありますが、カサカサになってしまうとしわくちゃになってしまうのと同じです。

 

水分が少なくなって肌のハリが失われてしまうと、肌にくぼみができてしまうのでシワになってしまいます。

 

それだけでなく皮膚の老化が進んでしまうために肌全体がくすんでしまったり、シミができやすくなってしまうなど、肌にとってはまさに一大事なのです。

 

 

ですから、乾燥を防ぐには水分はもちろんのこと、それを閉じ込める油分もある程度必要になってくるということですね。

 

一般的なスキンケアとしては、化粧水などで肌の水分補給をして、それから乳液やクリームなどの油分でフタをする…という方法が多いと思います。

 

乾燥を防ぐためには、このように水分・油分を両方補給してあげなければならないのですが、みなさんはどういった保湿化粧品を使っているでしょうか?

 

最近では、水分・油分ともにひとつで補給ができるというオールインワンタイプの保湿化粧品も登場しています。

 

特にジェルタイプのものはこぼれにくいというメリットもありますし、忙しいときでもこれひとつでスキンケアが完了するということで人気を得ています。

 

もちろんそういったタイプを使うのもOKなのですが、やはり水分補給には水分補給、油分補給には油分補給など、それぞれの機能に特化したものを使い分けていくことをおススメします。

 

 

水分補給には保湿化粧水、美容成分補給には美容液、油分補給には乳液やクリーム…

 

それぞれの工程を経ることで、肌はまるでコース料理を食べているかのように満足し、乾燥に負けないうるおい肌を取り戻すのです。