間違っていた!?美しい肌を作る正しい洗顔方法って?

毎日の洗顔。これは誰でも行っていることですよね。

 

朝起きて洗顔、そしてメイクを落とす際の洗顔。

 

みなさんは果たして「正しい洗顔方法」を実践しているでしょうか…?

 

洗顔は毎日行うことですから、もし方法が間違っていたとしたら。

 

肌を清潔に保つつもりが、実際には肌を傷めつけてしまっている可能性もあるということが言えますよね。

 

では、正しい洗顔方法っていったいどのようなものなのでしょうか?

 

 

■間違った洗顔方法

 

よくあるのが、ニキビができやすい肌だからと言って皮脂を必要以上に落とそうとしてしまうこと。

 

ゴシゴシと刺激したり、さらに長時間洗い続けてしまったり、1日に何回も洗顔してしまったり。

 

肌が分泌する皮脂というのは、実は水分をキープするためのフタのような存在。

 

ある程度は肌に残しておかないと、どんどんうるおいが失われてしまうので注意が必要なんです。

 

また、洗顔の基本は「優しく」行うこと。

 

ゴシゴシと刺激するのは皮脂を取りすぎるだけでなく、肌にダメージを与えてしまうことにもつながります。

 

皮脂を取りすぎたりダメージを与えてしまったら、スキンケアアイテムで保湿すればいいのでは?と思いますが、実はそんなに簡単なことではないんです。

 

しかし、一度ダメージを受けてしまった肌が回復するためには時間がかかってしまいますし、肌表面のバリア機能も壊れているため、ただ単に保湿するだけでは追いつきません。

 

 

 

■正しい洗顔方法

 

正しい洗顔方法ですが、基本は前述にもあったように「優しく」行うこと。

 

洗顔料をしっかりと泡立てて、クッションのような泡を作りましょう。

 

そしてその泡をこすりつけるのではなく、撫でるようにして汚れをくっつけるイメージで洗いましょう。

 

特に皮膚の薄い目元や口元は洗うというよりも、泡をつけるだけ…という感覚でOK。

 

また、洗顔の際には丁寧にじっくり洗いたいとは思いますが、できるだけ素早く行うことがポイントです。

 

そして、洗顔が終わったらすぐに清潔なタオルで水分を取りましょう。このとき、ゴシゴシ拭くと言うのは絶対に避けてください。

 

必要以上に刺激を与えることは肌に大きなダメージを与えてしまうことになります。

 

そして、洗顔後は肌が無防備な状態になっていますからできるだけ早く保湿しましょう。

 

人によってはおでこが気になるから、小鼻が気になるから…といってゴシゴシ洗ってしまいがちなんですが、これも避けましょう。

 

洗顔の目的は、あくまでも「余分な」皮脂を取ることと、肌を清潔に保つということ。

 

正しい洗顔方法で、しっかりと美しい肌をキープするようにしましょう。