セラミドには高い保湿効果が期待できるって本当?

お肌の乾燥に悩む方から支持されている成分がセラミドです。

 

セラミドには高い保湿効果が期待できるといわれていますが、このことは本当なのでしょうか。以下で解説いたします。

 

 

保湿化粧品に含まれる成分

 

お肌の乾燥を防ぐため、保湿化粧品をご利用になる方が多いはずです。

 

保湿化粧品を比較してみると、製品によって異なる成分を使用していることがわかります。

 

具体的には、お肌の水分を保つセラミド細胞間脂質で作られた層の中に水分を保つレシチン角質層の中で水分を保つヒアルロン酸コラーゲン水分を吸着し保湿する天然保湿因子などが配合されています。

 

これらの成分が目的に合わせ配合されているのです。

 

とはいえ、素人がそれぞれの成分の働きを理解して、保湿化粧品を選ぶことは難しいでしょう。

 

お困りの方にお勧めの成分がセラミドです。

 

セラミドには高い保湿効果が期待できるといわれています。

 

 

セラミドに注目したい理由

 

数ある成分の中で、セラミドは高い注目を集めています。

 

セラミドが注目を集める理由は、高い保湿効果が期待できるからです。

 

セラミドは、肌の水分を保つ役割を果たす細胞間脂質の代表です。

 

細胞間脂質は、お肌の水分を守る役割の8割を担っていると考えられています。

 

この細胞間脂質にトラブルが生じると、お肌が乾燥しやすくなってしまいます。

 

そこで、細胞間脂質の代表であるセラミドが注目を集めるのです。

 

 

セラミドの保湿効果

 

セラミドは、細胞間脂質の40%を占める脂質です。

 

細胞間脂質は、ブロックのように積み重なるお肌の細胞の間を埋め固めるセメントのような役割を果たしています。

 

細胞間脂質が細胞同士をつなぎ合わせることで、水分が蒸発しにくくなるのです。

 

セラミドをはじめとした細胞間脂質が加齢などにより減少すると、細胞同士の結びつきが弱くなり水分が蒸発しやすくなります。

 

また、細胞間脂質自体が保湿成分でもあるので、減少するとお肌が乾燥しやすくなります。

 

セラミドを含む保湿化粧品を使用すれば、細胞間脂質の減少や不足を補うことができます。

 

特に、人間の角質層内のセラミドと同じ化学構造を持つヒト型セラミドは、なじみが良く保湿効果が高いといわれています。

 

お肌の保湿の肝となる細胞間脂質を補うことができるので、セラミドには高い保湿効果が期待できるのです。

 

以上の通り、セラミドには保湿効果が期待できます。

 

乾燥が気になる方などは、セラミドに注目して保湿化粧品を選ぶとよいでしょう。