スキンケアの基礎は保湿にあることをご存知ですか

美肌を保つため、スキンケアに取り組みたいものの、どのように行えばよいかわからない方は多いものです。

 

スキンケアの基礎は保湿といわれています。その内容を詳しくご紹介いたします。

 

 

シワやタルミが目立ってきたけど

 

加齢などが原因となり、お肌のトラブルが目立つことはないでしょうか。

 

シワやタルミ、クスミなどを見つけると嫌になってしまいますよね。

 

何とか状態を改善させるべくスキンケアに取り組んでいるものの、一向に効果が上がらない方もいるでしょう。

 

あるいは、スキンケアを行えば行うほど状態が悪くなっている方もいるかもしれませんね。

 

お肌を健康に保つためにスキンケアは欠かせません。

 

しかし、間違えたスキンケアに取り組むとお肌の状態を悪くしてしまうことがあります。

 

スキンケアの基礎は保湿にあります。この点を理解しましょう。

 

 

スキンケアの基礎は保湿

 

間違えたスキンケアや加齢などの影響でお肌が潤いを失うと、肌のバリア機能が低下し、シワやタルミをはじめとしたお肌の老化やトラブルが目立つようになります。

 

また、バリア機能が低下したお肌は、外からの刺激に敏感になるので炎症などを起こしやすくなります。

 

これらのトラブルは、お肌が潤いを失ったことにより引き起こされています。

 

だから、スキンケアの基礎は保湿にあるといわれるのです。

 

潤ったお肌は柔軟性がありバリア機能がしっかり働きます。

 

当然ながら、シミやタルミなどのお肌の老化やトラブルは起こりにくくなります。

 

 

保湿の基本的な考え方

 

以上の通り、保湿はスキンケアの基礎です。

 

健康なお肌を保ちたい方は、保湿に取り組む必要があります。

 

保湿とはお肌の水分を保つことといえます。

 

お肌の水分を保つ役割を担っているのが皮脂・天然保湿因子・細胞間脂質です。

 

中でも細胞間脂質は水分の80%を守ると考えられています。

 

お肌の乾燥が気になる方は、細胞間脂質に働きかけるスキンケアを行うとよいでしょう。

 

具体的には、セラミドを配合した保湿化粧品がお勧めです。

 

セラミドは細胞間脂質の40%を占める保湿成分です。

 

保湿化粧品から補うことで、効果的にスキンケアを行うことができます。

 

 

正しいスキンケアに取り組みましょう

 

保湿を中心としたスキンケアは、正しく行うことが重要です。

 

保湿を考えスキンケアを頑張りすぎる方がいますが、過度なスキンケアは肌の負担になります。

 

かえって乾燥をひどくすることもあるので、頑張り過ぎは禁物です。

 

スキンケアに取り組む際は、保湿化粧品などの使用説明書に従い、適切な使用を心がけましょう。

 

以上の通り、スキンケアの基礎は保湿にあります。

 

お肌のトラブルが気になる方は、正しい方法で保湿に取り組むとよいでしょう。