カサカサ肌対策をお探しの方は保湿から始めましょう

カサカサ肌対策に取り組みたいものの、どこから手を付ければよいかわからない方が多いようです。

 

カサカサ肌対策には保湿が有効です。これらの点について詳しく解説いたします。

 

 

カサカサ肌の原因は?

 

多くの女性を悩ませるトラブルとしてカサカサ肌を挙げることができます。

 

化粧ノリが悪くなるばかりか、お肌の老化にもつながるので対策をとりたい方が多いはずです。

 

有効な対策をとるには、カサカサ肌の原因を理解することが重要です。

 

カサカサ肌の原因は、角質細胞間脂質の減少といわれています。

 

角質細胞間脂質とは、レンガのように積み重なる肌細胞の間を埋める脂質です。

 

角質細胞間脂質が肌細胞の間を隙間なく埋めることで、お肌の水分蒸発が防がれています。

 

この角質細胞間脂質が、ターンオーバーの乱れなどにより減少すると、生じた隙間から水分が蒸発してしまいます。

 

角質細胞間脂質はお肌の保湿機能の80%を担うといわれているので、減少するとお肌に大きな影響が現れるのです。

 

 

カサカサ肌対策は保湿が重要

 

以上の通り、角質細胞間脂質が減少することでカサカサ肌が生まれます。

 

カサカサ肌にお悩みの方は、角質細胞間脂質を外から補う対策をとるとよいでしょう。

 

細胞間脂質を補う対策としてお勧めなのがセラミドを含む保湿化粧品の利用です。

 

美容成分として有名なセラミドですが、実は角質細胞間脂質の40%を占める保湿成分です。

 

保湿化粧品によりセラミドを外から補えば、カサカサ肌を潤すことができるはずです。

 

また、人の角質層内にあるセラミドと同じ化学構造のヒト型セラミドを配合した保湿化粧品であれば、より効果的なカサカサ肌対策になるでしょう。

 

 

カサカサ肌対策はいつ行うべき

 

では、カサカサ肌対策はいつ行えばよいのでしょうか。

 

基本的には、入浴後に行うとよいでしょう。

 

入浴をすると、多少の角質細胞間脂質が流れ出るので、お肌の保湿力が衰えます。

 

この時に保湿化粧品によりセラミドを補えばカサカサ肌対策になります。

 

また、入浴により角質細胞間脂質が流れ出ることからわかる通り、お肌が濡れた状態が続くと角質細胞間脂質は流れ出やすくなります。

 

カサカサ肌対策に、大量の化粧水で長時間パックを行う方がいるようですが、保湿成分を配合していない化粧水で長時間パックを行うと、かえって乾燥をまねきます。

 

カサカサ肌対策は保湿成分をもって行うことを意識しておくとよいでしょう。

 

 

以上の通り、セラミドを使用した保湿化粧品を用いれば、カサカサ肌対策に取り組むことができます。

 

お困りの方はお試しになってみてはいかがでしょうか。