インナードライ肌対策で隠れた乾燥肌に対処する

十分すぎるほど皮脂が分泌されているにもかかわらず、お肌が乾燥している女性が多いといわれています。

 

インナードライ肌と呼ばれる状態ですが、どのように対策を取ればよいのでしょうか。

 

 

インナードライ肌は隠れ乾燥肌

 

乾燥肌というと、見るからに水分が不足するカサカサ肌を想像してしまいますよね。

 

もちろん、カサカサも乾燥肌ですが、最近では違ったタイプの乾燥肌が増えています。

 

新しい乾燥肌として注目を集めているのがインナードライ肌です。

 

インナードライ肌とは、肌表面は潤って見えるのに実は乾燥しているお肌のことです。

 

つまり、肌の内側が乾燥している状態といえるでしょう。

 

洗顔を行えば行うほどテカテカになる、潤って見えるのにツッパリを感じる、スキンケアをしているのに乾燥している、などを自覚している方はインナードライ肌の可能性があります。

 

インナードライ肌も水分が不足している状態に変わりはないので、通常の乾燥肌と同様、ターンオーバーの乱れにつながり、シミやシワなどの原因になることがあります。

 

なぜこのような状態になるのでしょうか。

 

 

インナードライ肌の原因

 

インナードライ肌は乾燥によりもたらされます。カサカサ肌との違いは、お肌が乾燥から身を守るため皮脂を過剰に分泌する点です。

 

だから、表面はオイリーなのに乾燥している状態になるのです。

 

インナードライ肌の原因になりやすい行為が洗顔のやりすぎです。

 

洗顔をしすぎると、潤いを守る必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

 

必要な皮脂を失ったお肌は、水分が蒸発し乾燥してしまします。

 

水分を失ったお肌は、更なる水分の蒸発を防ぐため、過剰な皮脂を分泌します。

 

そのため、内側は乾燥しているのに表面がオイリーになるのです。

 

この原因を理解しておかないと、オイリー肌対策をとることになり、ますますインナードライ肌が進行してしまいます。

 

 

インナードライ肌対策

 

では、インナードライ肌対策はどのように行えばよいでしょうか。

 

オイリー肌対策によりインナードライ肌が進行している方は、行っていた対策を見直しましょう。

 

併せて、お肌の乾燥を改善するスキンケアに取り組みましょう。

 

適度な洗顔にとどめることはもちろん、洗顔後は保湿化粧品などで乾燥を防ぎましょう。

 

対策を180度変えることは勇気がいりますが、オイリー肌対策に取り組んだものの効果が上がらなかった方は、オイリー肌ではない可能性が高いといえます。

 

改めて問題の原因を見つめ、正しい対策を模索してみてはいかがでしょうか。

 

 

インナードライ肌は多くの女性を悩ます肌トラブルとなっています。

 

トラブルの原因を見つめ、適切な対策をとることが重要です。