加齢とともに乾燥の悩みが増える理由を解説します

今までと同じようにスキンケアを行っているにもかかわらず、お肌の乾燥が気になることはないでしょうか。

 

該当する方は、加齢が影響しているかもしれません。その理由を解説いたします。

 

 

加齢が乾燥に影響を与える

 

加齢とともにお肌が衰えることはご存知の通りです。

 

これまで通りスキンケアを行っているにもかかわらず、お肌の衰えが気になる方は多いでしょう。

 

お肌の衰えは乾燥によりもたらされます。

 

お肌の乾燥は、お肌の保湿を担う保湿因子が減ることで引き起こされます。

 

保湿因子は生活の乱れや紫外線などにより減少しますが、加齢によっても減少します。

 

お肌の保湿機能の中心を担うセラミドの量は、50代になると20代の半分程度まで減るといわれています。

 

保湿機能を担う保湿因子が大きく減少するため、これまでと同じスキンケアを行っていても、お肌が乾燥しやすくなるのです。

 

そのため、衰えが目立ちやすくなります。

 

 

乾燥によりお肌が衰える理由

 

お肌が乾燥すると、なぜ衰えが目立ちやすくなるのでしょうか。

 

お肌が乾燥すると、肌表面がごわつき、しぼんだようになります。

 

そのため、肌表面に細かなしわが現れます。さらに乾燥が進むとシワの数が増え太く目立つようになります。

 

お肌の乾燥はターンオーバー周期の乱れも引き起こします。

 

お肌の入れ替わりがうまく行えなくなるので、シミやクスミが目立ちやすくなります。

 

また、ターンオーバーの乱れは、保湿因子の減少をまねきます。

 

保湿因子が減少すると肌の乾燥が一層進むため、お肌の衰えに拍車がかかります。

 

これらの理由により、お肌が乾燥すると衰えが目立ちやすくなるのです。

 

 

現状を認識したスキンケアが重要

 

加齢とともにお肌が乾燥しやすくなるので、衰えが目立ちやすくなります。

 

お悩みの方は、現状に合わせたスキンケアに取り組むことが重要です。

 

先ほど紹介した通り、加齢とともにお肌の保湿因子が減少します。

 

スキンケアを行う際は、減少した保湿因子を外から補うことが重要です。

 

まずは、保湿機能の中心を担うセラミドを補うとよいでしょう。

 

人間の角質層内のセラミドと同じ化学構造を持つヒト型セラミドは、刺激が少なく保湿力が高いといわれています。

 

セラミドを配合した保湿化粧品を用いると、お肌の変化に対応したスキンケアが行いやすくなります。

 

 

加齢とともにお肌の状態は変化します。

 

いつまでも美しくありたい方は、現状を認識したうえで適切なスキンケアを行うことが重要です。

 

乾燥しがちな方は、保湿ケアに取り組みましょう。