肌の水分量に注意して美しい肌を作る方法

潤いとハリのある肌を作るためには、肌の水分量に注意するとよいでしょう。

 

肌の水分量に注意したスキンケアをご紹介いたします。

 

 

健康な肌の水分量

 

必要な水分を備える肌は、潤いとハリのある肌ということができます。

 

つまり、潤いとハリのある美しい肌を目指す方は、必要な水分量を満たす肌を作る必要があるのです。

 

健康な肌は、角質層に15%〜20%程度の水分、その奥の真皮などに60%〜70%の水分を含んでいます。

 

角質層の水分が少ない理由は、角質層が水分の通過に対するバリア役を担っているからと考えられています。

 

このバリアが失われると、つまり角質層の水分量が低下すると、シワやタルミなどのトラブルが起きるのです。

 

 

角質層の水分を奪う原因

 

冬になると肌の乾燥を感じる方が多いはずです。

 

肌は、湿度が50%以下になると乾燥しやすくなります。

 

肌がツッパルなど異変を感じた時には、すでに角質層の水分量が10%以下になっていることもあります。

 

角質層の水分量が10%を切ると、いわゆる肌荒れの状態になります。

 

肌の柔軟性が失われ、カサカサ肌になります。

 

肌の水分量は外界から影響を受けやすいので、適切なケアで守る必要があります。

 

乾燥しやすい時期は、クリームなどで水分の蒸発を防ぐことが重要です。

 

 

乾燥しがちな方はスキンケアを心掛ける

 

お肌の水分量は、皮脂膜と天然保湿因子、角質細胞間脂質により維持されています。

 

具体的には、天然保湿因子が水分をとらえ、角質細胞間脂質が水分を挟み込み、皮脂膜が蒸発を防いでいます。

 

これらのバランスが取れていると、角質に必要な水分量が保たれるので、お肌は潤った状態になります。

 

しかし、何かしらのきっかけでこれらのバランスが乱れるとお肌は水分量を維持できず乾燥します。

 

その原因になるのが空気の乾燥や加齢などです。

 

どのような理由にせよ、角質の水分量が減ると、肌の水分が奪われやすくなるので乾燥が促進します。

 

乾燥が気になる方は、適切なスキンケアが必要です。

 

スキンケアにお勧めなのがセラミドを使用した保湿化粧品です。

 

セラミドは、肌の保湿機能の80%を担う角質細胞間脂質の主な成分です。

 

保湿化粧品から補うことで、お肌の乾燥を防ぐことができます。

 

同様に、天然保湿因子であるアミノ酸などを補うことも有効です。

 

これらを含む化粧品で保湿すれば、お肌の乾燥を和らげることができます。

 

 

以上の通り、角質の水分量が減ると肌の乾燥が加速します。

 

乾燥が気になる方は、セラミドなどを含む化粧品で保湿するとよいでしょう。