乾燥対策に活用したい保湿クリームの選び方

ご存知の通り、保湿クリームは乾燥対策に有効な化粧品です。

 

どのように選べばよいのでしょうか。

 

 

新しい保湿クリームの考え方

 

乾燥に対する保湿クリームの有用性をご存知の方は多いはずです。

 

中には、乾燥対策には保湿クリームと考える方がいるのではないでしょうか。

 

確かに、保湿クリームは乾燥に有用ですが、その使い方は昔と異なります。

 

新しい考え方を身につけておけば、より効果的に保湿クリームを用いることができます。

 

昔の保湿クリームは、肌に塗布した化粧水をフタするために用いられていました。

 

保湿クリームで蒸発を防ぐことで、化粧水を長くとどまらせ保湿できると考えられていたのです。

 

現在の保湿クリームは、保湿成分を肌に届けるため用いられています。

 

役割が変化しているので、このことを理解したうえで保湿クリームを選ぶことが重要です。

 

 

お肌を潤す保湿成分

 

保湿クリームにより、どのような保湿成分を届ければよいのでしょうか。

 

私たちの肌は、角質細胞間脂質、天然保湿因子、皮脂により水分が保たれています。

 

中でも重要な役割を果たしているのが角質細胞間脂質です。

 

角質細胞間脂質は、水分を角質に閉じ込め維持する働きを担います。

 

肌の保湿機能のうち80%を担っていると考えられています。この成分が減少するとお肌は乾燥します。

 

乾燥を防ぎたい方は、保湿クリームにより角質細胞間脂質を補うことが重要です。

 

角質細胞間脂質を構成する主な成分がセラミドです。

 

中でも、人の角質層の中にあるセラミドと同じ化学構造を持つヒト型セラミドは、刺激が少なく保湿力が高いセラミドです。

 

乾燥が気になる方はヒト型セラミドを配合した保湿クリームを選ぶとよいでしょう。

 

 

保湿クリームが必要ない場合も

 

セラミドを配合した保湿クリームを利用すれば、効果的に乾燥を防げます。

 

重要なことは肌をフタすることではなく、保湿成分を届けることです。

 

もし、その他の化粧品で保湿成分を補っているのであれば、保湿クリームが必要ないケースもあります。

 

特に、保湿成分に加えオイルを含んでいる美容液や乳液を使用している場合は、必要ないケースが多いといえます。

 

乾燥を感じない場合は、無理に保湿クリームを利用する必要はありません。

 

逆に、保湿成分を含まない化粧品を使用している方は、保湿クリームを利用したほうが良いでしょう。

 

オイルを含まない化粧品を使用している場合も同様です。

 

 

乾燥対策に活用したい保湿クリーム選びは以上になります。

 

保湿成分を届けることを中心に商品選びを進めるとよいでしょう。