お肌を美しくする!これだけはやっておきたい保湿ケア

肌は第一印象に直結してしまうものです。

 

美しい肌であれば、第一印象もかなり良くなるものですよ。

 

そのお肌に大きく関わってくるのが保湿ケアになります。

 

こちらでは、どんな保湿ケアがおすすめなのか、といったことについて詳しくお話します。

 

 

■基本は保湿ケア用の化粧品を利用すること

 

・保湿成分をお肌に補給してやること

 

保湿させるためには、保湿成分の入っている化粧品を利用するのが最もおすすめであり、スタンダードなものです。

 

保湿成分を確実に、お肌に継続的に与えることで少しずつお肌の状態も上向いてくるはずです。

 

ちなみに、どんな成分に保湿作用があるのか、といったことは把握しておくべきです。

 

【主な保湿成分例】
・コラーゲン
・ヒアルロン酸
・セラミド
・エスラチン
・レシチン
・ホホバオイル
・スクアランオイルなど

 

ここに掲示したのは、あくまで保湿成分の一例に過ぎません。

 

他にも実際にはたくさんあります。

 

利用している化粧品の成分を1つずつ調べると、もしかしたら保湿成分が複数含まれているかもしれませんよ。

 

 

■洗顔は基本的に水を使うこと

 

・毎回お湯を使ってしまうと乾燥を招く

 

洗顔は1日に何回も実施していると思います。

 

そのたびにお湯を使ってしまうと、肌にある皮脂を洗い流してしまうのです。

 

皮脂は多すぎても問題ですが、無くなっても問題なのです。

 

皮脂はそもそも天然の保湿成分でもあるのです。

 

洗顔をするときは基本的に、水を使ってください。

 

水であれば、皮脂それほど落ちない性質を持っているのです。

 

お風呂に入ってしっかりと洗顔するときだけ、お湯を使いましょう。

 

 

■水分を定期的に摂取すること

 

・水を飲まなければ肌の潤いにも影響が出る

 

水分の摂取が少ないと、お肌の保湿に関しても問題が出てきてしまいます。

 

定期的に水は飲むようにしてください。

 

水を飲むとむくむ、といった印象があるかもしれませんがそれは誤りです。
実は全くの逆で、水を飲まないとむくむのです。

 

体内に水分が少なくなると、体内に水分をため込もうとする機能が人体には備わっているのですよ。

 

水をしっかりと摂取することは、むくみにも保湿にも大きな効果をもたらしてくれるのです。

 

 

■バランスよく食事をすること

 

・お肉も食べ野菜も食べること

 

栄養不足はお肌の機能を著しく下げてしまいます。

 

肌の保水機能も無くなってしまうかもしれません。

 

お肉を食べても良いですが、野菜もしっかりと食べるのがお勧めです。

 

特にビタミンとミネラルはお肌を健康にするための成分です。

 

偏食気味の人は、サプリメントで補うことも考えましょう。