【将来差がつく前に】20代からやるべき保湿ケアは

若い時にああしておけば良かった、こうしておけばよかった、といったことをあとで気づいてしまうわけですよね。

 

そして、いざその時になって困ってしまうわけです。

 

そういったことの一つにお肌があります。

 

若い時はほとんど気にかけないわけですが、30代や40代になって困ってしまうのです。

 

いま20代といった方には、しっかりとした肌ケアをして欲しいです。

 

特にチェックして欲しいのが保湿ケアになります。

 

では、どんな保湿ケアを20代の時にしておけばよいのでしょうか。

 

詳しくお話します。

 

 

■お風呂あがりには保湿クリームを必ずつけること

 

・お肌を乾燥させない!

 

お風呂あがりに関しては、特に乾燥といったものが大きな問題になります。

 

お風呂はお湯なので、皮脂が流れ落ちてしまうのです。

 

皮脂には汚れも含まれているので、流れ出るのは悪いことではありませんが、お肌が一時的とはいえ、乾燥状態になります。

 

お風呂あがりはお肌が乾燥した状態になってしまいダメージを受けやすいのです。

 

保湿されている肌はダメージに強いわけですが、乾燥しているとちょっとした刺激にもお肌が影響を受けます。

 

その結果、肌トラブルが起きてしまうわけです。

 

若い時はまだ何とか耐えていても、繰り返し刺激を与えられると肌が赤くなる敏感肌になってしまいます。

 

そこで若い時から肌を乾燥にさらさないためにも、保湿美容液をお風呂あがりに利用してください。

 

たったそれだけのことでも継続して行えば、将来的な肌トラブルを未然に防げるのです。

 

面倒だと思わないで20代からしっかりとした保湿ケアを実行しましょう。

 

 

■洗顔方法に注意しよう

 

・手でゴシゴシと洗わないこと

 

保湿的な面でも非常によくないのですが、肌の組織を壊してしまう、といったデメリットが有るのです。

 

手の皮膚とお顔の皮膚ですが、強さといったものが全く違うわけです。

 

手の皮膚は非常に硬くなっており、お顔の皮膚は非常に柔らかくて弱いのです。
その2つの皮膚が摩擦を起こしてしまうと、顔の皮膚がダメージを追ってしまいます。

 

赤く炎症を起こしてしまうこともあるので、洗顔方法に関しては十分に注意しましょう。

 

 

・どんな洗顔方法がおすすめなのか?

 

しっかりと洗顔用の石鹸を泡立ててください。

 

しっかりと泡ができたら、その泡で顔を洗うような感じにするわけです。

 

皮膚と皮膚が摩擦を起こさないようにするわけです。

 

肌は繊細なものでもあります。

 

日常的に刺激を与えてしまうと、いずれ肌質が変化してしまうかもしれません。

 

20代から正しい洗顔をすることが、将来の自分の肌を守ることにつながります。