美肌になりたい!化粧水は手でつける?それともコットン?

美肌を目指して日々努力をしている女性が悩んでいるのが、化粧水の利用方法です。

 

化粧水で美肌成分を肌に与えてやることで、お肌を綺麗にするわけですが、どうやって(保湿美容液などを)お肌につけるかが問題なのです。

 

手でつける方もいれば、コットンでつける方もいますよね。

 

こちらではどちらのほうが美肌に近づけるのか、といったことをお話しします。

 

さらに、なぜこちらは良くて、こちらはダメなのか、といった理由にも迫ります。

 

 

■手にもコットンにもメリットとデメリットが有る

 

・メリットとデメリットを理解することが肝心

 

実は、コットンを使っても良いことがあれば悪いこともあります。
手を使っても、良いこともあれば悪いこともあります。

 

ですから、どちらを選んだとしても、良い使い方をすれば問題ない、といったことになります。

 

もう少し深く探るためにも、手とコットンのメリットとデメリットについてお話しします。

 

 

■化粧水を手でつけるメリットとデメリット。

 

・メリットについて

 

手に化粧水を付けることで温める効果があります。

 

化粧水があたたまることで、お肌になじみやすくなるのです。

 

冷えたままよりも浸透しやすくなります。

 

お肌の手も同じ皮膚なので、刺激が弱い、といった特徴があります。

 

敏感肌の方であれば、手で付けたほうが安全性は高くなるわけです。

 

 

・デメリットについて

 

化粧水が手にも浸透してしまいます。
利用した化粧水すべてが、顔の肌に活かされるわけではありません。

 

手で塗ることになるので、顔に均等に塗ることは出来ません。

 

ムラができてしまい、しっかりと化粧水が塗布できたところと出来なかったところに分かれてしまいます。

 

その状態を解消するために重ね塗りしなければならないこともあるのです。

 

 

■化粧水をコットンで付けるメリットとデメリット

 

・メリットについて

 

肌の奥までしっかりと浸透させることができます。

 

コットンであれば、化粧水が蒸発しにくいので肌にしっかりと塗布できる、といったメリットが有ります。

 

効果な化粧水であったとしても、ムダにすることなく利用できるわけです。

 

 

・デメリットについて

 

コットン自体が大きな刺激になってしまう可能性が高いです。

 

特にニキビやしっしん等ができている状態の時にコットンで化粧水をつけてしまうと、刺激を与えてしまうことになり、赤みが増してしまうこともあるのです。

 

 

■まとめ:どちらが良いのか?

 

・肌トラブルを考える

 

敏感肌の方であれば、間違いなく手を利用するのがお勧めです。

 

さらに、肌トラブルが起きている場合も手がお勧めです。

 

一方で、肌が健康的な状態であれば、コットンが有効です。

 

お肌の状態によって、手とコットンを使い分けましょう。